ペイサーズはジャスティン・ホリデー選手と今オフ再契約を結ぶのか【インディアナ・ペイサーズ】

ペイサーズはジャスティン・ホリデー選手と今オフ再契約を結ぶのか【インディアナ・ペイサーズ】

2019-20シーズン、自身最高のシーズンの一つとなったジャスティン・ホリデー選手

ビクター・オラディポ選手やジェレミー・ラム選手らチームに所属するスコアラーが怪我で離脱する中、3&Dとしてジャスティン・ホリデー選手は、チームの勝利に貢献しました

ジャスティン・ホリデー選手は、昨シーズンオフに1年契約でインディアナ・ペイサーズに加入しました。

2019-20シーズンは、73試合に出場し、平均25.0分の出場時間で、平均8.3得点・3.3リバウンドをマーク。

特筆すべきは3ポイント成功率の高さで、昨シーズンは40.5%とキャリアで2番目に高い数字をマークしました。

ディフェンスでもクラッチタイムで相手エースをマーク。長いウィングスパンと高いバスケIQを活かし、マークマンを苦しめました。

そんなジャスティン・ホリデー選手の契約が今シーズンで終了し、完全FAとなります。

昨シーズンのジャスティン・ホリデー選手の年棒は、1年476.7万ドル。

今シーズンの活躍の活躍を受け、来シーズンの年棒は800万~1,000万ドル近くになると予想されます。

贅沢税を考えると、今オフのペイサーズはおよそ1200万ドルのキャップスペースの余裕があります

今オフ制限付きFAとなるTJ.リーフ選手を引き留めない場合、キャップスペースの空きは更に400万ドル近く増えることができます。

FA市場にはプレイヤーオプションでニコラス・バトゥム選手トニー・スネル選手ができる可能性もありますが、ホリデー選手より年棒が高額になることが予想されます。

今シーズンネッツで活躍したトニー・スネル選手も、現在の800万ドルから大幅に年棒が上がることが予想されています。

チームに起用の幅を広げるホリデー選手の存在は大きく、よほどの大きい出来事がない限り、ホリデー選手との再契約はペイサーズにとって優先度の高い選択になりそうです。

関連記事

ジャスティン・ホリデー選手の魅力【ペイサーズ】

2019.12.30

アーロン・ホリデー選手の魅力【ペイサーズ】

2019.12.14

ペイサーズのケビン・プリチャード球団社長がコーチ再編について

2020.09.12

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。