インディアナ・ペイサーズがネイト・マクミランHCを解雇

インディアナ・ペイサーズがネイト・マクミランHCを解雇

8月26日(水)、ペイサーズはネイト・マクミランHCを解雇したことを発表した。

ペイサーズがプレーオフ1回戦でヒートにスイープされた2日後のことだった。

解雇の2週間前には、ペイサーズと1年間の契約延長を結んでおり、突然の解雇となった。

契約延長の際には、マルコム・ブログドン選手が「ネイトは選手に自信を与えてくれる。それは、選手にとってHCに望む1つのことです。」とコメント。

ガードのTJマッコネル選手も「(再契約は)本当に素晴らしい!私たちが今年達成したことは非常に素晴らしく、それが出来た大きな理由は、HCに彼がいることです」と契約延長に称賛のコメントを出していた。


ネイト・マクミランHCは、2016-17シーズンから4年間ペイサーズで指揮を執った。

4年間で積み上げた勝敗数は、183勝136敗

4年連続でチームをプレーオフに導いたが、プレーオフでは4年連続1回戦敗退。プレーオフ通算3勝16敗と、ポストシーズンでの弱さがあった

関連記事

ビクター・オラディポ選手が将来の去就について語る【ペイサーズ】

2020.08.25

ペイサーズの2020ドラフトの指名権は全体54番目に決定【NBAドラフト】

2020.08.18

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。