信州ブレイブウォリアーズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

信州ブレイブウォリアーズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020-21最新布陣

2020オフの動き

補強採点


B2最高勝率をマークした選手を中心に、クラブ初のB1に挑む

昨シーズン、B2で40勝7敗(勝率.851)をマークした信州ブレイブウォリアーズ。

来シーズンは、B2最高勝率(広島と同率)をマークした昨シーズンの主力選手を中心に、クラブ初のB1に挑む

チームの中心は、来シーズンで来日11年目を迎えるベテランのセンターである、ウェイン・マーシャル選手である。

昨シーズンは、チームハイの平均19.5点・8.1リバウンドをマーク

リムプロテクターとしても優秀で昨シーズンは1試合平均2.1ブロックを記録し、B2ブロック王に輝いている


またバックコートには、昨シーズンB2で二桁得点をマークした西山達哉選手栗原ルイス選手がいる。

栗原選手は、23歳の若手有望株

3ポイント成功率37.1%と高精度な3ポイントシュートもさることながら、体幹が強く、ファールを受けながらでもシュートを決める身体の強さも魅力的な選手である。



懸念点はB1とB2のレベルの格差

しかし、懸念点もある。

それは、多くの選手がB2からB1に上がる時にレベルの差があるため、各種スタッツを大幅に下げていることである。

自身初となるB1で栗原選手や西山選手らも、おそらく来シーズン、スタッツを大幅に下げることになるだろう。

栗原選手や西山選手がB2で見せたパフォーマンスをほど活躍ができなかった時に、信州がどのように戦うのか注目したい。



千葉ジェッツで長年プレーした小野龍猛選手を獲得

今オフ、信州は昨シーズンまで千葉ジェッツでプレーした小野龍猛選手を獲得した。

今年からB1に昇格した信州に、B1の強豪チームでプレーしていた小野選手の加入は非常に心強いはずである。

小野選手は、197cm97kgのスモールフォワード。3ポイントシュートだけでなく、身長を活かしたポストプレーも魅力のベテランプレイヤーだ。

2016-17シーズンから2018-19シーズンまではチームのキャプテンを務め、92回・93回の天皇杯ではチームの優勝と共に、自身も大会ベスト5に選ばれている。

近年増えている帰化選手や来季のレギュレーション上、ガードやスモールフォワードにも外国籍選手を置いてくるチームが増えており、小野選手の試合における影響力は下がることが予想される

しかし環境が変わり、小野選手が信州でどのようなプレーを魅せてくれるのか注目したい。



Bリーグ初となるアジア特別枠でジェミン・ヤン選手と契約

また信州は、Bリーグ初となるアジア特別枠でジェミン・ヤン選手と契約した。

ジェミン・ヤン選手は、韓国出身の201cmのフォワード。

プロのキャリアを信州でスタートするジェミン・ヤン選手が、B1の舞台でどこまで活躍できるのか未知数だが、それゆえに注目が集まる。


入退団・再契約まとめ

新加入


再契約


退団

関連記事

アルバルク東京、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.28

琉球ゴールデンキングス、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.29

千葉ジェッツ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.31

京都ハンナリーズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.08.04

広島ドラゴンフライズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.08.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。