Bリーグ、シーズン別最高FG%選手【2016-21】

>> <<

Bリーグ、シーズン別最高FG%選手【2016-21】

今回は、Bリーグのシーズン別最高FG%選手を見ていきます。

ちなみにこの最高FG%選手というのは、アンオフィシャルなので悪しからず。

対象となる選手は、得点王やアシスト王、リバウンド王と同様に、B1リーグ戦51試合(全試合数の85%)以上出場した選手です。

ちなみに、FG%とは3ポイントシュートと2ポイントシュートを合わせたシュート確率のことです。

計算式はこちら。

FG% =(2Pシュート成功数+3ポイントシュート成功数)/(2Pシュート試投数+3Pシュート試投数)

それでは見て行きましょう!


2016-17:アイザック・バッツ(シーホース三河)

所属チームシーホース三河
ポジションC
生年月日1989年5月28日
身長/体重208cm/134kg
出身校アパラチアン州立大学

FG%:67.0%(235/351)


Bリーグ初年度の最高FG%選手に輝いたのは、シーホース三河のアイザック・バッツ選手です。

208cm134kgの巨体を活かしたポストプレーが魅力の選手です。

2016-17シーズンの3ポイントシュートの試投数は0本。FGでの全てのシュートを2ポイントエリアで放ったことになりますね。


2017-18:ジョシュア・スミス(京都ハンナリーズ)

所属チーム京都ハンナリーズ
ポジションC
生年月日1992年5月14日
身長/体重210cm/138kg
出身校ジョージタウン大学

FG%:67.1%(381/568)


Bリーグ2シーズン目となる2017-18シーズンの最高FG%選手に輝いたのは、京都ハンナリーズのジョシュア・スミス選手です。

ジョシュア・スミス選手もアイザック・バッツ選手同様、208cm138kgと恵まれた体格を活かしたポストプレーを得意としている選手です。

2017-18シーズンは、平均16.8得点・9.4リバウンドをマークしました。


2018-19:マイケル・パーカー(千葉ジェッツ)

所属チーム千葉ジェッツ
ポジションPF
生年月日1981年12月5日
身長/体重200c,/102kg
出身校エバーグリーン州立大学

FG%:68.2%(416/610)


2018-19シーズンの最高FG%選手に輝いたのは、レジェンド、マイケル・パーカー選手です。

3人しか達成していない国内プロリーグ通算1万得点など輝かしいキャリアを持つパーカー選手。

パーカー選手は3ポイントシュートも打ちますが、2018-19シーズンの3ポイント%は25.4%。

その3ポイント%の低さを補って余りあるのが、2ポイントエリアでのシュート成功率の高さです!

2018-19シーズンのパーカー選手の2P%は、驚異の73.6%!

FG%:68.2%はBリーグ歴代最高のシーズンFG%です。


2019-20:マイケル・パーカー(千葉ジェッツ)

FG%:65.3%(209/320)


2019-20シーズンの最高FG%選手に選ばれたのは、2年連続でマイケル・パーカー選手でした。

お見事ですね。

FG%は、前年度より少し下がって65.3%でした。


2020-21:チャールズ・ジャクソン(サンロッカーズ渋谷)

所属チームサンロッカーズ渋谷
ポジションC
生年月日1993年5月22日
身長/体重208cm/102kg
出身校テネシー工科大学

FG%:65.9%(379/575)

2020-21シーズンの最高FG%選手に輝いたのは、サンロッカーズ渋谷のチャールズ・ジャクソン選手である。

チャールズ・ジャクソン選手は208cmのビッグマン。

2020-21シーズンはFG成功率65.9%と高確率をマークし、平均15.6得点・8.8リバウンドを記録した。


関連記事

Bリーグ公式サイト (2020年8月11日閲覧)

Basketballnavi.DB (2020年8月11日閲覧)

関連記事

Bリーグ歴代新人王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ歴代得点王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ歴代リバウンド王【2016-21】

2020年5月3日

Bリーグ歴代ベスト6thマン賞【2016-21】

2020年5月11日

Bリーグ、1試合最多得点記録トップ5【歴代】

2020年5月28日
>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。