ヒートとのイースタン3・4位直接対決を落とす【ペイサーズ】

ヒートとのイースタン3・4位直接対決を落とす【ペイサーズ】

8月10日(日)、ペイサーズは同じイースタン・カンファレンスで同率で並ぶマイアミ・ヒートと対戦した。

1クウォーターからヒートのヘルプディフェンスに苦しんだペイサーズだったが、TJ.マッコネル選手らセカンドユニットの活躍で48-48の同点で折り返した。

しかし、3クウォーターにまたもヒートのディフェンスに苦しみ、最終的に92-114で敗退した。

ペイサーズはこれで43勝28敗。上を走るヒートとのゲーム差は1ゲーム差に開いた。

次戦は8月12日(水)、ウェスタン・カンファレンス4位のヒューストン・ロケッツと対戦する。


ヒートのディフェンスを攻略できなかったペイサーズ

この試合を通じて、ペイサーズはヒートのディフェンスを攻略できなかった。

ペイサーズは元来、3ポイントシュートはあまり打たず、ペイントエリア内でシュートを量産するオフェンススタイルだ。

それは、リーグ最下位の3ポイント試投数(1試合平均27.8本)からも見て取れる。

3ポイントシュートをあまり打たない代わり、確率の高いペイントエリアのシュートを選択するため、ペイサーズのFG%はNBAで2番目に高い47.7%をマークしている

しかし、この試合はヒートのディフェンスによって、ペイサーズの従来のオフェンスができなかった。

ヒートのディフェンスは、ペネトレイトする選手に対してダブルチームに行き、他の4選手をヘルプディフェンスでカバーするというディフェンスシステムだ。

このため、ペイントエリア内で容易にシュートを打たせてもらえず、逆にペイサーズの3ポイントシュートの試投数が増えていった

この試合のペイサーズの3ポイント試投数は、35本。平均から約8本近く多いシュート数だ

タフショットも多く、この試合のペイサーズのFG%は39.3%。シーズン平均から10%近くFG%が下がった形となった。

ヒートはプレーオフでペイサーズが初戦で当たるチームである。

いかにオープンで3ポイントシュートを打てるかは勿論のこと、オフェンスリバウンド、ペイントエリアでどうやって得点をするかが鍵になりそうだ。

関連記事

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

ペイサーズとサンダー。オラディポ選手、サボニス選手とボール・ジョージ選手のトレードの勝者はどちらか

2020.03.24

マルコム・ブログドン選手がかつての相棒アデトクンボ選手とバックスを離れ、ペイサーズに移籍したことについて語る

2020.02.15

ドマンタス・サボニス選手がNBAオールスターに初選出!!【ペイサーズ】

2020.01.31

【ペイサーズ】エースのビクター・オラディポは歌が上手かった!?Masked Singerの正体はオラディポだった!!

2019.12.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。