川崎ブレイブサンダース、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

川崎ブレイブサンダース、最新せんりょくチェック【2020-21開幕前】

2020-21最新布陣

2020オフの動き

補強採点

昨シーズンと同じ布陣で戦う川崎。フロントコート陣、バックコート陣ともタレントが揃う

昨シーズン、31勝9敗(勝率.775)で中地区1位の成績を納めた川崎ブレイブサンダース。

勝率.775は、アルバルク東京(勝率.780)に次いでB1で2番目に高い勝率だった。

来シーズン、川崎が地区分けされた東地区は、アルバルク東京、宇都宮、千葉、SR渋谷、富山など強豪チームが集う激戦区。

そんな激戦区を、川崎は昨シーズンとほとんど変わらないメンバーで挑む。


篠山選手・辻選手・藤井選手のB1屈指のバックコート陣

川崎のバックコート陣の層の厚さは、B1屈指だ

PGの篠山竜青選手、SGの辻直人選手は2020年度の日本代表候補にも選ばれている実力者。

篠山選手は、自身でも得点が取れるスコアリングPGであり、昨シーズン平均8.3得点・4.7アシストをマークしている。

辻直人選手は、昨シーズン持ち前の3ポイントシュートが低調で、キャリアワーストの平均6.0得点に沈んだが、復調すればB1優勝を目指すチームにとって非常に大きい存在になるはずだ。

藤井祐眞選手は、チームに勢いをもたらすコンボガード

6thマンとしての出場が多いものの、昨シーズンは平均12.1得点をマーク。

この活躍で藤井選手は、昨シーズン、ベスト6thマン賞・ベストディフェンダー賞・レギュラーシーズンベスト5の三冠に輝いている

ドライブ・プルアップジャンパー・3ポイントシュートと非常に得点パターンも多彩であり、クイックネスであるため、相手からしたら止めるのが厄介な選手である。

他にも高確率で3ポイントシュートを打てるシューターの大塚裕土選手や、巧みなゲームメイクができる青木保憲選手が控えており、バックコート陣の層の厚さはB1でも指折りである。


フロントコート陣の層も厚い川崎

バックコート陣だけでなく、川崎はフロントコート陣の層もリーグ屈指だ

210cmのビッグマンであるニック・ファジーカス選手は、ペイントエリアだけでなく、3ポイントラインでも存在感がある。

昨シーズンの3ポイント成功率は41.9%をマーク。

平均23.2得点・11.0リバウンドのシーズンダブルダブルも記録しており、川崎のオフェンス・デフェンスの要である。

PFにはリムプロテクターであり、ストレッチ4のジョーダン・ヒース選手と再契約。

またベンチには、マティアス・カルファニ選手パブロ・アギラール選手といった200cmを超えるビッグマンが控えており、フロントコートも隙がない。

群雄割拠の来季の東地区だが、その中でも川崎は優勝争いに加わっていくことになるだろう。

入退団・再契約まとめ

新加入

発表なし(2020年8月9日現在)

再契約

退団

関連記事

B1全20チーム移籍情報まとめ【Bリーグ2020-21】

2020.05.27

アルバルク東京、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.28

琉球ゴールデンキングス、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.29

千葉ジェッツ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.31

サンロッカーズ渋谷、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.08.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。