京都ハンナリーズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

京都ハンナリーズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020-21最新布陣

2020オフの動き

補強採点


比較的静かなオフを過ごした京都

昨シーズン、20勝21敗(勝率.488)で西地区4位だった京都ハンナリーズ。

今オフはシューターの中村太地選手や岡田優介選手が退団した。

彼らの穴を埋めるために、満田丈太郎選手や會田圭佑選手、細川一輝選手ら能力の高い若手選手の獲得があったものの、他クラブと比べると比較的静かなオフを過ごした。

新加入として期待が大きいのは、レイヴォンテ・ライス選手だ。

ライス選手は、196cmのスコアラー。

速いドライブとスムースなアウトサイドシュートが魅力の選手であり、得点面で大きく貢献してくれそうだ。


また、京都は昨シーズンチームの中心選手として活躍した寺嶋良選手松井啓十郎選手デイヴィッド・サイモン選手が残留。

チーム力は大きく下がらなそうだ。

寺嶋良選手は、ルーキーシーズンだった昨シーズン、平均9.1得点・2.3アシストをマーク

抜群のスピードとショアなシュート力が魅力のPGであり、将来的にはベンドラメ礼生選手のようなチームを勝利に導くPGになれる可能性を秘めている。

松井啓十郎選手は、昨シーズンベスト3ポイント成功率賞をマークしたリーグ屈指の3ポイントシューター。

3ポイント成功率47.2%をマークし、チーム日本人最多となる平均12.0得点をマークした。

ディビット・サイモン選手は、B1指折りのビッグマンだ。

昨シーズンは、チームハイの平均22.7得点・9.3リバウンドをマーク。来シーズンで38歳となるサイモン選手だが、まだまだ衰えを感じさせない。


フロントコートの層の薄さが課題か

サイモン選手とフロントコートでツインタワーを組んでいたジュリアン・マブンガ選手が富山へ移籍したため、フロントコートが現在手薄になっている。

今オフ、ジュリアン・マブンガ選手の代わりになれるフロントコートの外国籍選手を探してこれるのかがチームの課題だ。

入退団・再契約まとめ

新加入

再契約

退団

関連記事

寺嶋良選手の魅力【京都ハンナリーズ】

2020.01.29

京都ハンナリーズ入退団・移籍情報まとめ【2020-21】

2020.05.16

アルバルク東京、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.28

琉球ゴールデンキングス、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.29

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。