新潟アルビレックスBB、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

新潟アルビレックスBB、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020-21最新布陣

2020オフの動き

補強採点

エースの今村佳太選手が退団

昨シーズンの新潟は、苦難のシーズンとなった。チームのエーススコアラーであったダバンテ・ガードナー選手が抜け、チームの得点力が低下。

結果、13勝28敗(勝率.317)で、中地区4位に終わった。

今オフの新潟で一番大きいなニュースは、ガードナー選手が抜けたチームを支えた日本人エースである今村佳太選手が、琉球ゴールデンキングスへ移籍したことだろう。

今村選手は昨シーズン、チームの日本人選手の中で最多となる平均10.9得点をマーク。

スコアラーとしてだけではなく、プレーメイカーとしても優秀な今村選手の穴は大きいことが予想される

また今オフ新潟は、生え抜きのPGである森井健太選手、ベテランPG柏木真介選手が退団。

バックコート陣の層はかなり薄くなる形となった。

そんなバックコート陣だが、希望もある。

今オフ、島根スサノオマジックから加入した納見悠仁選手だ。

納見選手は高校時代、八村塁選手とともに明成高校のウィンターカップ三連覇に大きく貢献。

青山学院大学ではエースガードとして活躍した逸材だ。

身体能力はそこまで高くないが、ピックの使い方が上手く、高いシュート力とゲームメイク力を持っているコンボガードである。


課題だった外国籍選手に、得点能力のあるロスコ・アレン選手、リチャード・ヘンドリクス選手を獲得して補強

昨シーズンの新潟は、外国籍選手の決定力不足が課題だった。

その課題を克服するため、今オフB1でも実績があるリチャード・ヘンドリクス選手を獲得。

またB2の群馬クレインサンダースから得点能力の高いロスコ・アレン選手を獲得した

ロスコ・アレン選手は昨シーズン、B2で平均24.0得点をマーク

スラッシャータイプのPFだが、3ポイントシュートも上手く、ゴール下でのシュートも様々なバリエーションを持っている選手である。

また新潟は、昨シーズン台湾リーグでプレーしたチャールズ・ミッチェル選手を獲得。

ミッチェル選手は3ポイントシュートも打てる、いわゆるストレッチ4タイプのPFである。力強いポストプレーも出来、新潟のオフェンスの幅を広げてくれる選手になるだろう。

ヘンドリクス選手、ロスコ・アレン選手、ミッチェル選手を獲得したことで、外国籍選手の決定力不足という課題は克服できそうだ。

入退団・再契約まとめ

新加入

再契約

退団

関連記事

納見悠仁選手の魅力【新潟アルビレックスBB】

2020.02.11

ロスコ・アレン選手の魅力【新潟アルビレックスBB】

2020.03.29

千葉ジェッツ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.31

アルバルク東京、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.28

SR渋谷の2019-20シーズンを振り返る【Bリーグ通信簿】

2020.06.07

B1全20チーム移籍情報まとめ【Bリーグ2020-21】

2020.05.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。