バスケットボールのハンドリングムーブまとめ

バスケットボールのハンドリングムーブまとめ

アイバーソン・クロスオーバー

アレン・アイバーソン選手(元76ers)のシグニチャームーブであるアイバーソン・クロスオーバー。

1on1で非常に有効であり、ディフェンス側からしたらとても止めづらいムーブである。

難易度もやさしい。

 

アイバーソン・クロスオーバーを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.18

 

 

スナッチバック・クロスオーバー

フラットバックの変形ドリブル。

1on1中にシュートスペースを作り出すことができるため、NBA選手もよく使用している。

難易度はやや難。

 

スナッチバック・クロスオーバーを習得しよう!【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.05

 

 

シャムゴッド

メジャーなハンドリングムーブであるシャムゴッド

シャムゴッドには、ボールを前に押し出すプッシュ型とボールを前に転がすローリング型の2種類がある。

難易度は難しい。

 

シャムゴッドを習得しよう!【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.18

 

 

フェイクビハインドバック

フェイクビハインドバックは、トリッキーなハンドリングムーブ

相手ディフェンスとギャップを作れる他、ヘジテーション(緩急)の効果もあるムーブである。

NBAでは、ルカ・ドンチッチ選手トレイ・ヤング選手が試合でよくフェイクビハインドバックを使用している。

難易度はやや難。

 

フェイクビハインドバックを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.20

 

 

ベースライン・ビハインドザバック

コーナーで使えるベースライン・ビハインドザバック。

トリッキーなムーブであり、リムアタックに有効なムーブである。

難易度は難しい。

 

ベースライン・ビハインドザバックを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.24

 

 

ジャマール・クロフォードシェイク&ベイク

ジャマール・クロフォード選手のシグニチャームーブであるジャマール・クロフォードシェイク&ベイク。

シェイク&ベイクとは、左右にボディーフェイクを行ってディフェンスを抜き去る動きのことである。

速攻などドライブに勢いが付いている時に行うと、非常に効果が発揮されるハンドリングムーブである。

難易度はかなり難しい。

 

ジャマール・クロフォードシェイク&ベイクを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.05.14

 

 

スピンムーブ

ペネトレート時に使うと非常に効果的なスピンムーブ

基礎的なムーブであるが、それだけに応用が効き、様々なバリエーションがあるムーブである。

難易度はやさしい。

 

スピンムーブを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.07.29

 

リトリートドリブル

逃げるは恥だが役に立つ。

相手ディフェンスが厳しいプレッシャーをかけられた時に、非常に有効なムーブである

リトリート(retreat)とは、英語で「退却」という意味の名詞である。

その名の通り、リトリートドリブルとはディフェンスから離れるように下がるムーブのことを指す。

ドライブに勢いをつけるときにも、リトリートドリブルは有効である。

 

バスケットボールの「リトリート」とはどんなムーブか?

2020.04.13

 

関連記事

【バスケ】ペネトレイトで使えるドリブルムーブ・シュートムーブ講座

2019.12.04

バスケットボールのドリブルチェンジメニュー【おすすめのハンドリング練習】

2020.05.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。