ボールスクリーンに対する5つの守り方【ディフェンス】

ボールスクリーンに対する5つの守り方

今回はボールスクリーンに対する5つの守り方を紹介します。

今回紹介する5つの守り方はこちら。

①ハードヘッジ(ハードショー)

②ソフトヘッジ(コンテイン)

③スウィッチ

④ブリッツ(ダブルチーム)

⑤アイス

それでは、見ていきましょう!

ハードヘッジ(Hard Hedge)

最初に紹介する守り方は、ハードヘッジです。別名ハードショーとも言われる守り方です。

“Hedge”とは、「壁」という意味の英語です。ハードヘッジは、スクリーンプレーに対して硬い壁を作るようなイメージでディフェンスします。

まずは一緒に動画を見ていきましょう。


ハードヘッジ(ハードショー)はスクリーナーのディフェンスをしている人が、積極的にボールマンを止めに行くディフェンスです。

スクリーナーのディフェンスがボールマンを足止めしているうちに、ボールマンのディフェンスの人が戻り、戻ったら、スクリーナーのディフェンスの人が本来のマークマンの元へ帰る戦術です。


ソフトヘッジ(Soft Hedge)

次に紹介するのは、ソフトヘッジです。別名、コンテインとも言われる守り方ですね。

ソフトヘッジは、ハードヘッジと比べると弱い壁を作るイメージでデフェンスします。

では、ソフトヘッジの動き方を見ていきましょう。


ソフトヘッジは、ハードヘッジほどスクリーナーのディフェンスマンが積極的にボールマンを止めに行かず、簡単にドライブされないようにに止めに行くディフェンスです。

ソフトヘッジの利点は、ロールしてくるスクリーナーへの対応もしやすい点です。

スクリーナーのディフェンスをしている選手が大柄な選手の時に有効です。


スウィッチ(Switch)

有名なスクリーンプレーの守り方であるスウィッチを見ていきましょう。


スウィッチは、スクリーンを機に2人のディフェンダーがマークマンを入れ替えるプレーです。

スクリーンプレーに対する守り方の中では、メジャーな守り方です。


ブリッツ(Blitz)

ダブルチームとも言われるブリッツ

どんな動き方なのでしょうか。


ブリッツは、まずスクリーナーのディフェンダーがハードヘッジと同じように積極的にボールマンを止めに行きます

ハードヘッジと違うのは、ボールマンのディフェンダーが戻っても、スクリーナーのディフェンダーが本来マークしている人の元へ戻らずに、2人でボールマンを潰しにいくことです。

1人の選手に2人でデフェンスするということは、残りの4人を3人の選手で守らなければいけません。

チームでのローテーションの決まりごとが必要になるデフェンスになります。


アイス(Ice)

最後に紹介するのは、アイスです。


アイスは、ボールマンのディフェンダーがコーナーへディレクション(方向付け)をして誘導し、2人のディフェンダーで挟むプレーのことを言います。


関連記事

【バスケ】ペネトレイトで使えるドリブルムーブ・シュートムーブ講座

2019.12.04

スナッチバック・クロスオーバーを習得しよう!【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.05

アイバーソン・クロスオーバーを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.18

Bリーグ歴代得点王【2016-20】

2020.05.02

【バスケ指標】NBAでよく見るUSG%(Usage Rate)ってどんな指標?

2020.01.17

関連書籍・グッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。