フローターシュートを習得しよう!

フローターシュートを習得しよう!

今回紹介するシュートムーブは、フローターシュートです。

別名「ティアドロップ」とも呼ばれるこのシュートムーブは、トニー・パーカー選手(元スパーズ)や冨樫勇樹選手(現千葉ジェッツ)など様々なプレイヤーが使っていて、かなりメジャーなシュートムーブです。

一体どういうシュートムーブかと言うと、ループの打点が高いオーバーハンドレイアップシュートのことを言います。

オーバーハンドレイアップシュート

オーバーハンドレイアップシュートとは、ジャンプシュートを打つ時のようにボールを持って打つレイアップシュートのことを言います

 

フローターシュートが、実際にどういうムーブか動画で見てみましょう。


上の動画を見ると分かるように、ジャンプシュートを打つようにボールを持って、打点の高いレイアップシュートを打っていることが分かります。

このフローターシュート。一番の利点は、ブロックされずらい所にあります

背の低い選手がドライブで切り込んだ時に、打点が低いアンダーハンドレイアップをしても、身長が高いセンターやパワーフォワードに止められてしまうことが多いです。

それを回避するためのシュートムーブが、このフローターシュートなのです。

アンダーハンドレイアップよりも、フローターシュートの方が難易度が高いですが、ブロックされる確率は俄然低くなるので、ぜひ習得することをおすすめします。

ちなみにコツは手のひらをあまり使わず、指先と手のひらの下部分だけで支えてシュートを打つことです。

そうすることで、ボールのコントロールが効くようになります。

慣れてきたら、ボードを使ったフローターシュートもトライしてみましょう!

ボードを使ったらフローターシュートでは、以下の動画がおすすめです。


ボードを使ったフローターシュートでは、ループの最高到達点がボードに来るようになることがポイントです。

ということで、フローターシュートの紹介でした。それではまた次回お会いしましょう!

関連時期

バスケットボールのハンドリングムーブまとめ

2020.08.01

バスケットボールの「リトリート」とはどんなムーブか?

2020.04.13

【バスケ】ペネトレイトで使えるドリブルムーブ・シュートムーブ講座

2019.12.04

スナッチバック・クロスオーバーを習得しよう!【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.03.05

プルアップジャンパーを習得しよう【バスケットボールのシュートムーブ】

2020.03.18

ファーストブレイクでアウトサイドシュートを選択する【バスケットボールの戦術】

2020.04.15

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。