ソフトバンクからIIJmioに切り替えた話【携帯電話】【キャリア】

ソフトバンクからIIJmioに切り替えた話【携帯電話】

今更なんですけど、携帯電話のキャリアをソフトバンクから格安simのIIJmioに切り替えました。

今日はその話をしようと思います。

まず、ソフトバンクを辞めた理由。もう単純に利用料がめっちゃ高いからです。下のグラフは、2019年10月から2020年3月までの私の携帯電話の利用料の推移です。

だいたい8,000円台~9,000円台。高っか!!!!!詐欺やん!!!!

契約していたソフトバンクのプラン

私がソフトバンクの時に契約していたプランが、使った分だけデータ使用料を払うデータプランミニと話した分だけ通話料を支払う通話基本プランに1回5分以内の電話なら無料の準定額オプションをつけたものです。

これがまた馬鹿高いんですよね。

まずデータプランミニから。1GBまでの使用料が月3,000円ってめっちゃ割高じゃないですか?

格安simなら月に3,000円も出せば6GBは使えますよ。

2GBから5,000円になるし、もう詐欺じゃん。

Softbank公式サイトより引用(2020年4月2日閲覧)

通話基本プランは月1,200円で、私の場合それに準定額オプション(月500円)をつけていたので、月1,700円でした。

まあこんなものかなと思うのですが、私はほとんど電話しないので私にはあっていなかったんですよね。

もうソフトバンクは懲り懲りということで、色々格安simを探しました。

IIJmioに決めた理由

格安simの候補は、私の中で3つありました。1つがソフトバンクグループのY!mobile。2つ目がauの子会社であるUQmobile。そして3つ目がIIJmioが提供している格安simです。

調べるうちに、Y!mobileよりUQmobileの方が安いことが分かりました。

その時点で、Y!mobileが消えて、UQmobileとIIJmioの一騎打ちになりました。

ちょうどその頃、祖母も「携帯電話が壊れたので、良い機会だしキャリアを変えたい」ということだったので、乗り換えのお手伝いをしました。

薦めたのは、UQmobileです。

UQmobileがどんなものか知りたかったからです。

高齢者向けのプラン+新しく購入したスマホ分の割賦+通話し放題のプランで、月4,000円強でした。

高齢者向けのプランは私は使えませんが、スマホは持っているので新たに購入する必要はありませんし、通話もしないので、UQmobileの場合、月4,000円弱かなと予想しました。

そして、IIJmio。

IIJmioってあまり聞かない会社だし、ほんとに大丈夫か?って心配される方も多いかと思います。

IIJmioってどんな会社かって一言で表すと、NTTグループの関連会社です。

NTTがIIJの株を30%持っていて、子会社ではないですけど、関連会社という位置づけですね。

大学時代にmio光を契約していて、快適に使わせてもらったので個人的に好印象な会社です。

一応、課金すれば電話は使えて、それでいてデータ通信量がある程度あるプランはないかなと探していたら、あったんです。

IIJmioのライトスタートプラン。神。

2,220円(消費税込みで2,500円弱)で音声通話機能が付いていて、6GB使えるプランです。

IIJmio公式サイトより引用

納得できるプランがあったので、今回はIIJmioを選びました

正直、UQmobileでも良かったんですけど、ソフトバンクグループだけはないなと

マジで詐欺かと思うくらい料金が高いのもそうですけど、営業もしつこいので。

ソフトバンクで使っている電話番号を他社で使うときに、MNP予約番号を聞くためにソフトバンクのコールセンターに電話するんですけど、最後の最後まで辞めさせないように営業トークをされました

マジ、無理。

ソフトバンクユーザーの人、ホントに他社のキャリアへの乗り換えをおすすめします

個人的におすすめなのは、UQmobileかIIJmioです。

おしまい。

関連記事

【ソフトバンク Air】SoftBank Airを1年間使って感じたメリット・デメリット

2020.01.18

私が積み立てNISAを6ヵ月で辞めた2つの理由

2020.01.06

今更ながらPayPayを使ってみた!!

2020.03.12

PS VR買ったったあああああああ!!!!

2020.03.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。