今更ながらPayPayを使ってみた!!

今更ながらPayPayを使ってみた!!

超今更なんですけど、今日初めてQRコード決済アプリPayPayを使いました。

PayPayがサービスインしたのが2018年の10月ですので、サービスが始まってからもう1年6カ月くらい経っていますね。

この間には、2回にわたる100億円還元セールや2019年10月から始まった消費税増税に伴うキャッシュレス還元なんかがありました。

それで、ようやく初めて使う私。レイトマジョリティー過ぎる(笑)

レイトマジョリティーとは、社会学者エベレット・ロジャースが提唱したイノベーター理論で出てくる言葉です。

新商品を顧客が買うとき、この顧客には5段階に分かれています。

J-marketing.net 「マーケティング用語集 イノベーター理論」より引用

新商品を真っ先に買う人のことをイノベーター。

そして、情報感度が高く、他の消費者層にも影響を与えるアーリーアダプター。

平均層のアーリーマジョリティーとレイトマジョリティー

最も保守的な人がラガードです。

QRコード決済も大分浸透しているので、レイトマジョリティーということになるんです。

QRコード決済は、初期にPayPayやかつてあったセブンPayで不正アクセス問題があって、ちょっと怖いなと思っていたんですよね。

現金(キャッシュ)の匿名性も好きですし。

ただ、PayPayの不正利用率もほとんどなくなったみたいですし、このご時世で使わないのもなということでアプリをインストールしました。

私は24歳なんですけど、時代の波についていけなくなっているように感じます。5G、EV車、VR、AI、フィンテックの時代に果たしてついていけるのか。

まあ興味がない分野はラガードなんでしょうけど。車は興味ないので。

せめてVR、AI、フィンテックくらいは活用したいなあ。

PayPayを使ってみた感想

PayPay使ってみた感想なんですけど、会計がすごくスムーズになりました。

バーコードをバーコードリーダーで読み取ってもらうだけです。

あと現金というか財布がなくても、お会計ができるのは良いなあと思いました。

会計がスムーズでこれがイケてる若者なのかなんて思いました。

おわり

関連記事

【ソフトバンク Air】SoftBank Airを1年間使って感じたメリット・デメリット

2020.01.18

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。