マイルズ・ターナー選手の魅力【ペイサーズ】

マイルズ・ターナー選手の魅力

基本情報

国籍アメリカ合衆国
生年月日1996年3月24日
ポジションセンター
ドラフト年/順位2015年1巡目11位
身長/体重211cm/113kg

経歴

高校時代

高校時代から高い評価を受けていたマイルズ・ターナー選手。

ドラフト候補の格付けを行っているRIval.comやESPN、247Sportsで星5つの評価を高校時代にもらっており、センターではジャリル・オカフォー選手に続いて全米2位の評価を受けていました。

またアメリカ・カナダの高校バスケ界のオールスターであるマクドナルド・オールアメリカンにも選出

その評価を受け、ターナー選手にはテキサス大学やカンザス大学、デューク大学、ケンタッキー大学など多くの大学バスケの名門からスカウトされました。


大学時代

結局、マイルズ・ターナー選手はテキサス大学へ進学しました。

テキサス大学と言えば、ケビン・デュラント選手(ネッツ)やトリスタン・トンプソン選手(ウォーリアーズ)を輩出した大学としても有名ですね。

ターナー選手は1年生の時から、34試合に出場し、平均10.1得点・6.5リバウンド・2.6ブロックという成績を収めます。

そのまま2015年ドラフトにアーリーエントリーします。

ターナー選手はドラフト当時、「(アーリーエントリーする)決断はそれほど難しくなかった。なぜなら、僕はとても高い順位で指名されることが分かっていたから。だから、今がNBAへ行く機会だと知っていたんだ」と語っています。

そしてその言葉通り、ターナー選手は1巡目全体11位という高い順位でインディアナ・ペイサーズに指名されます

2015年NBAドラフト

2015年ドラフトは、カールアンソニー・タウンズ選手ディアンジェロ・ラッセル選手クリスタプス・ポルジンギス選手デビン・ブッカー選手などオールスターにも選ばれている選手が多数います。


インディアナ・ペイサーズ(2015~)

ルーキーシーズンの序盤は左親の骨折で離脱する時期もありましたが、2016年1月にはキャリアハイとなる31得点をマークする試合があるなど上々なデビューを果たしました。

終わってみれば、ルーキーシーズンを平均10.3得点・5.5リバウンドで終えNBAオールルーキーセカンドチームにも選ばれました。

2年目からは、ターナー選手はペイサーズのスタメンに定着します。

特に2年目のシーズンは好調で、キャリアハイとなる平均31.3分・平均14.5得点・7.3リバウンドをマークしました

しかし、3年目以降は伸び悩んでおり、平均出場時間は30分を切っており、平均得点も10点台前半にとどまっています。

2018-19シーズンの前に、ターナー選手はペイサーズと4年7,200万ドルの大型契約を結びます。

その年、ターナー選手は、平均2.7ブロックをマークしブロック王に輝きます

2019年、中国で開催されたFIBAワールドカップでは、ターナー選手はアメリカ代表としてプレーし、平均7.6得点とチーム最多となる平均1.75ブロックをマークし、ディフェンス面でチームに貢献しました。

プレースタイル


マイルズ・ターナー選手は、ディフェンス力が優れたビッグマン。

年々3Pシュート試投数が増え、2020シーズンでは3P試投数が平均4.2本になっています。(ルーキーシーズンは平均0.2本)

3P成功率は34.4%とリーグ平均よりやや劣ります。

ターナー選手の一番の特長は、リムプロテクターとしてのディフェンスです。

毎年1試合平均2本近くのブロックをマークしており、2018-19シーズンではNBAブロック王にも輝いています。

シーズン成績

SeasonAgeTmLgPosGGSMPFGFGAFG%3P3PA3P%2P2PA2P%eFG%FTFTAFT%ORBDRBTRBASTSTLBLKTOVPFPTS
2015-1619INDNBAC603022.84.48.80.4980.10.20.2144.48.60.5060.5011.520.7271.14.45.50.70.41.41.12.610.3
2016-1720INDNBAC818131.45.510.70.5110.51.40.34859.30.5360.53433.70.8091.75.67.31.30.92.11.33.214.5
2017-1821INDNBAC656228.24.79.80.4790.92.40.3573.87.40.5190.5232.53.20.7771.456.41.30.61.81.52.912.7
2018-1922INDNBAC747428.65.110.50.48712.60.3884.17.90.5210.53622.70.7361.45.87.21.60.82.71.42.613.3
2019-2023INDNBAC515129.34.29.30.4451.44.20.3412.75.10.5310.52222.60.7581.35.16.41.20.82.11.22.511.7
CareerNBA33129828.34.9100.4880.72.10.3564.17.80.5230.5252.22.90.7691.45.26.61.20.72.11.32.812.7

2018-19シーズン NBAブロック王

参考文献

Wikipedia – Myles Turner (2020年3月4日閲覧)

Basketball Reference – Mylers Turner (2020年3月4日閲覧)

2019-20 CARMELO NBA Player Projections (2020年3月7日閲覧)

関連記事

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

ドマンタス・サボニス選手の魅力【ペイサーズ】

2019.11.17

ペイサーズとサンダー。オラディポ選手、サボニス選手とボール・ジョージ選手のトレードの勝者はどちらか

2020.03.24

マルコム・ブログドン選手がかつての相棒アデトクンボ選手とバックスを離れ、ペイサーズに移籍したことについて語る

2020.02.15

【NBA】ペイサーズのスーパーデュオに注目せよ!!

2019.12.17

【ペイサーズ】エースのビクター・オラディポは歌が上手かった!?Masked Singerの正体はオラディポだった!!

2019.12.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。