エース、ビクター・オラディポが怪我から1年ぶりに復帰!!【ペイサーズ】

>> <<

ビクター・オラディポが怪我から1年ぶりに復帰!!

インディアナポリスの街が彼の帰りを待っていた。そう、インディアナ・ペイサーズのエース、ビクター・オラディポである。

2018年のMIP(最成長選手賞)であり、オールスターにも2回選出されたことがあるペイサーズのエースは、2019年1月に四頭腱を怪我して以来、長いリハビリ期間に入っていた。

そして、2020年1月30日(木)(現地:1月29日)のシカゴ・ブルズ戦。待ちに待ったオラディポの今季デビュー戦になった。


ベンチスタートとなったオラディポは、1クォーターの残り4分12秒というところで出場。

出場するためにコート脇に立っている時から、ペイサーズのホームであるバンカーズ・ライフ・フィールドに詰めかけたファンは「オラディポ」コール。

オラディポが出場すると、アリーナのファンは、彼の復帰を讃える「Ready4Action」という書かれたチームカラーの黄色の紙をかかげ、スタンディングオーベーションで迎えた。



そして、この日のクライマックスは、クラッチタイムにオラディポが魅せた試合を同点に引き戻すシュートだ

残り15秒、100-97と3点差で負けていたペイサーズが最後にボールを託したのは、オラディポだった。

実はオラディポ、この日の3ポイントシュートはこの時まで0/6と絶不調。明らかに当たっていなかった。

チームにはオラディポと対をなすブログドンというクラッチシューターもコートに立っていたが、ATO(タイムアウト開け)にマクミランコーチが、シューターに選んだのはオラディポだった。

オラディポはこのシュートを見事に決め、チームは延長戦に持っていくことに成功

オラディポのシュートで息を吹き返したペイサーズは、延長戦の末115-106でブルズに勝利した。



試合終了後、FOX Sports Indianaの記者にクラッチタイムでの同点シュートについて質問されると、オラディポは「マンバメンタリティ。ただそれだけでシュートを放った。亡くなったコービーと彼の娘であるジジ、そしてあのヘリコプターにのって亡くなった全ての人のために放った。本当にしんどい1年間だったけど、そういうタフな時間もいつまでもタフなわけではないんだ。」と語った。

マンバメンタリティとは、コービー・ブライアントが実践したマインドセット、取り組んでいる物事が何であれ上達のために努力しようとする最もシンプルな姿勢のこと。
>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。