【Bリーグ】高校生の時点でBリーグデビューした選手まとめ

高校生の時点でBリーグデビューをした選手まとめ

高校生の段階でBリーガーになった選手をまとめました。2016年に発足したBリーグも早いもので4シーズン目に入っています。

2020年1月20日の時点で、高校生でBリーグデビューを果たした選手は現在6人います

初めて高校生Bリーガーとしてデビューを果たしたのは、 澁田 怜音選手(盛岡南)です。 澁田選手は高校生の段階で、17試合に出場し、71得点22アシストをマークしており、Bリーグの高校生記録(B2)を持っています。

また、初めてB1クラブと契約をした選手がダシルバヒサシ選手(浜松学院)で、B1最年少出場・最年少得点記録を持っているのが河村 勇輝選手(福岡第一)です。

シーズン選手名高校クラブ入団当時のクラブのカテゴリー
2016-17澁田 怜音盛岡南岩手ビッグブルズB2
水野 幹太福島南福島ファイヤーボンズB2
2017-18井上 宗一郎福岡大学附属大濠ライジングゼファー福岡B2
ダシルバヒサシ浜松学院三遠ネオフェニックスB1
2018-19
2019-20三谷 桂司朗広島皆実広島ドラゴンフライズB2
河村 勇輝福岡第一三遠ネオフェニックスB1
すいかばくん
漏れている選手がいたら、コメント欄で教えてください!

ピックアッププレイヤー

井上 宗一郎選手

ポジションセンター
身長/体重200cm/101kg
誕生日1999年5月7日
高校 福岡大学附属大濠高校

2017年インターハイ優勝、同年のウィンターカップで準優勝した福岡大大濠。

その中心選手だった井上宗一郎選手も、高校生の時点でB2のライジングゼファー福岡でBリーグデビューを果たした選手の一人です。

高校生の段階では、B2で11試合に出場。全試合トータルで、14得点10リバウンドをマークしました。

現在は大学バスケの名門筑波大学に進学しており、2019年のインカレでは先発出場し、筑波大学のインカレ優勝に大きく貢献しました


ダシルバヒサシ選手

ポジションシューティングガード
身長/体重187cm/92kg
誕生日1999年5月31日
高校浜松学院高校

ダシルバヒサシ選手は、浜松学院中在籍時にはU16日本代表候補に選出され、高校進学後は2016年から2年連続でインターハイに出場しました。

2018年2月にB1の三遠ネオフェニックスと特別指定選手契約を結んだダシルバヒサシ選手は、その年B1デビュー。B1最年少出場記録を18歳9カ月17日に更新しました。

ちなみにB1最年少出場記録は、2020年に河村勇輝選手が18歳8カ月23日に更新しています


三谷 桂司朗選手

ポジションスモールフォワード
身長/体重191cm/85kg
誕生日2001年6月15日
高校広島皆実高等学校

三谷桂司朗選手も高校生の時点でBリーグデビュー、初得点をマークした逸材です。

191cmと恵まれた身体に3P、ステップバックシュート、ユーロステップ、フローターとバリエーションの豊富なシュートムーブで得点を量産するスウィングマン(SGとSF両方できる選手)

プレースタイルは、日本のA代表にも選ばれている田中大貴選手(A東京)に非常によく似ています。

U16、U18に加え、3×3の日本代表メンバーにも選出された経歴を持っており、今後、日本のA代表入りが期待される選手です。


河村 勇輝選手

ポジションポイントガード
身長/体重171cm/63kg
誕生日2001年5月2日
高校福岡第一高等学校

高校No.1とも評された2001年世代を代表するポイントガードの河村勇輝選手

1年のウィンターカップから名門福岡第一の先発ポイントガードとして出場し、2年次・3年次にはウィンターカップ連覇に大きく貢献。3年次はインターハイも優勝しています。

パサーとしてのプレイメイクはもちろん、Bリーグでもトップクラスのクイックネスと広いシュートレンジが特長であり、自身も高い得点クリエイト能力を備えた選手です。

2020年に三遠ネオフェニックスと特別指定選手契約を結び、2020年1月20日の千葉ジェッツ戦に出場。それまで、ダシルバヒサシ選手が持っていたB1最年少記録を塗り替えました。


参考文献

岩手ビッグブルズ、盛岡南出身の澁田怜音が今季も特別指定選手に(2020年1月20日閲覧)

福大大濠の井上が特別指定選手として福岡に入団、契約は3月31日まで(2020年1月20日閲覧)

ダシルバヒサシがBリーグデビュー、B1最年少出場記録を18歳9カ月17日に更新(2020年1月30日閲覧)

広島皆実高校3年の三谷桂司朗がBリーグへ…広島ドラゴンフライズと特別指定選手契約(2020年1月20日閲覧)

福岡第一の河村勇輝、三遠ネオフェニックスと特別指定選手契約合意…B1第19節で富樫勇樹との再戦なるか(2020年1月20日閲覧)

日刊スポーツ「B1最年少デビュー!三遠18歳の河村勇輝8得点」(2020年1月30日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。