ドマンタス・サボニス選手の魅力【インディアナ・ペイサーズ】

ドマンタス・サボニス選手の魅力【インディアナ・ペイサーズ】

基本情報

国籍リトアニア、アメリカ
生年月日1996年5月3日
ポジションパワーフォワード
ドラフト年/順位2016年1巡目全体11位
身長/体重211cm/109kg
Instagram@dsabonis11

経歴

サボニス選手の父、アルヴィダース・サボニス選手はリトアニアの伝説的な選手でNBA選手だった。

サボニス選手は、父アルヴィダース・サボニス選手がポートランド・トレイルブレイザーズに所属していた頃に、アメリカのポートランドで誕生した


スペインリーグ時代

そんな偉大な父の元に生まれ育ったサボニス選手は16歳の時に、スペインプロリーグのウニカハ・マラガでプレー

その後、1年間クリニカス・リンコンにレンタル移籍した後、ウニカハ・マラガに再び戻り、2013年10月にスペインのトップリーグであるリーガACBでデビューした。

17歳5ヶ月でのデビューはチーム史上最年少記録のことだった。

また同年10月にはユーロリーグデビューも果たしている。

NCAAへ行くため、ウニカハ・マラガでプレーしている間、サボニス選手はサラリー契約はしていなかった。


ゴンザガ大学時代

ウニカハ・マラガはサボニス選手に対して3年63万ドルのオファーを提示したが、サボニス選手はNCAAへ行くため断っている

そして、2014年からNCAAディビジョン1の強豪ゴンザガ大学へ進学する。

ゴンザガ大学と言えば、現在ウィザーズでプレーしている八村塁選手と同じ大学ですな。

サボニス選手はここで2年間プレーした。

1年生時はほとんどベンチスタートで、シーズン平均得点も9.7得点、平均リバウンド7.1とそこまで高い成績を残せなかったサボニス選手。

しかし2年生時に、シーズン平均得点17.6得点、平均リバウンド11.8をマークし、飛躍を遂げている。

そして2年目でNBAドラフトにアーリーエントリーした。


2016-17

2016年ドラフトで、サボニス選手はオーランド・マジックから1巡目全体11位で指名を受けた。

しかし、ドラフト直後にオクラホマシティ・サンダーへトレードで移籍している。

トレード内容

オクラホマシティ・サンダー獲得

ビクター・オラディポ選手、ドマンタス・サボニス選手、エルサン・イルヤソバ選手

オーランド・マジック獲得

サージ・イバカ選手

NBAルーキーシーズン、81試合(うち66試合スタメン)に出場し、平均5.9得点・3.6リバウンドをマークした。


2017-18

2017年。この年、ポール・ジョージ選手(現:クリッパーズ)のトレードで、ビクター・オラディポ選手と共にインディアナ・ペイサーズに移籍する。

この年、サボニス選手はキャリアハイを更新し、平均得点11.6得点、平均リバウンド7.7個をマークした。

ちなみに一緒にペイサーズに移籍したオラディポ選手はこの年のMIP(最成長選手賞)に選ばれている。


2018-19

2018-19シーズン、サボニス選手は更にキャリアハイを更新し、平均得点14.1得点、平均リバウンド9.3個をマークした。

ファースト・ユニットにはサディス・ヤング選手が出場していたため、サボニス選手は主にセカンド・ユニットのスコアラーとしての出場だった。

この年、サボニス選手はシックスマンオブザイヤーの最終候補者にもノミネートされた。(受賞者はルー・ウィリアムズ選手)


2019-20

2019-20シーズンが始まる前、2つの大きな出来事があった。

1つ目が祖国リトアニア代表として、FIBAワールドカップに出場したことである。

リトアニアは2次予選で敗退したが、サボニス選手は主要3部門(得点・リバウンド・アシスト)でチームのトップ3に入るなど多彩な活躍が光った。

そして、2つ目がペイサーズと4年7490万ドル(約81億円)の大型契約を結んだことである。

大型契約を結んだことで、名実ともにチームの顔になったサボニス選手。

この年、サボニス選手は平均18.5得点・12.4リバウンド・5.0アシストと主要三部門いずれもキャリアハイを更新した。

その活躍からこの年、サボニス選手はNBAオールスターに初めて選出された。

また3月9日のダラス・マーベリックス戦ではシーズン50回目のダブル・ダブルを達成

トロイ・マーフィー選手が持っていたペイサーズのシーズンダブルダブルのフランチャイズレコードを更新した。


2020-21

12月23日のニューヨーク・ニックス戦でサボニス選手は、キャリアハイ(当時)となる32得点をマーク。

開幕2戦目ではトリプルダブルを達成し、第1週の週間最優秀選手賞に選ばれた。

2月4日のミルウォーキー・バックス戦では、33得点を記録しキャリアハイ(当時)更新した。


2月17日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦では、キャリアハイとなる36得点・17リバウンド・10アシストのトリプルダブルを達成。

ペイサーズのフランチャイズ記録となる7回目のトリプルダブルを達成した。

2月26日には、怪我のケビン・デュラント選手の代わりに自身2度目となるNBAオールスターに選ばれた


プレースタイル


サボニス選手は、強靭なフィジカルを活かしたポストアップが魅力のビッグマン。

ペイントエリアでも当たり負けせず、NBA通算FG%は50%を超えている。

またシュートムーブも多彩であり、ダンク・フックシュート・フローター・フェイダウェイとバリエーションに富んでいることもサボニス選手の魅力の一つである。

一方、3ポイントシュートは苦手としており、キャリア通算でも1試合平均1.0本と3ポイントシュート試投数は少ない。

スクリーナーとしても優秀で、スクリーナーとしてペイサーズのPnRの起点としてプレーすることができる。

パサーとしても優れており、2019-20シーズンでは1試合平均5本のアシストをマークした。

シーズン成績

SeasonAgeTmLgPosGGSMPFGFGAFG%3P3PA3P%2P2PA2P%eFG%FTFTAFT%ORBDRBTRBASTSTLBLKTOVPTS
2016-1720OKCNBAPF816620.12.45.90.3990.62.00.3211.74.00.4380.4520.50.80.6570.63.03.61.00.50.41.05.9
2017-1821INDNBAC741924.54.68.90.5140.20.50.3514.48.40.5240.5242.33.00.7502.25.57.72.00.50.41.911.6
2018-1922INDNBAC74524.85.69.50.5900.10.20.5295.59.20.5920.5962.83.90.7152.56.89.32.90.60.42.214.1
2019-2023INDNBAC626234.87.413.70.5400.31.10.2547.112.60.5650.5503.54.80.7233.09.412.45.00.80.52.718.5
CareerNBA29115225.64.89.20.5220.31.00000.3214.58.30.5450.5382.23.00.7222.06.08.02.60.60.41.912.1

参考文献

Wikipedia – Domantas Sabonis (2020年9月17日閲覧)

Basketball Reference – Domantas Sabonis (2020年9月17日閲覧)

関連記事

ドマンタス・サボニス選手がNBAオールスターに初選出!!【ペイサーズ】

2020.01.31

ペイサーズがマブスに112-109で勝利。サボニスが今シーズン50回目のダブル・ダブル達成!フランチャイズ記録を更新!

2020.03.09

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

ペイサーズとサンダー。オラディポ選手、サボニス選手とボール・ジョージ選手のトレードの勝者はどちらか

2020.03.24

マルコム・ブログドン選手がかつての相棒アデトクンボ選手とバックスを離れ、ペイサーズに移籍したことについて語る

2020.02.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。