Bリーグ順位予想【2022-23シーズン】

>> <<

Bリーグ順位予想【2022-23シーズン】

東地区

1位:千葉

2位:A東京

3位:宇都宮

4位:群馬

5位:秋田

6位:北海道

7位:茨城

8位:仙台

東地区は、千葉・A東京・宇都宮の3強で、その後ろを群馬と秋田が追いかける形だろう。

千葉の注目は、新外国籍選手であるヴィック・ロー選手大倉颯太選手だ。

ヴィック・ロー選手は、昨季オーストラリアのNBLでプレーした26歳のビッグマン。

昨季NBLではリーグ3位となる平均20.3得点・リーグ6位となる平均8.2リバウンドをマークし、オールNBL 1stチームにも選出された

大倉颯太選手は、昨季の大学バスケを代表するスターガード。

大学1年時から特別指定選手としてプレーしていたが、大学を卒業し、今期は開幕から出場。

高いバスケIQと身体能力を兼ね備えたスコアリングガードの真価が問われる。

A東京の注目は、191cmのPGであるジャスティン・コブス選手だ。

コブス選手はPGとしてはリーグトップクラスのサイズを持ち、ハンドリング・シュート力も高い点が魅力の選手。

昨季のチャンピオンシップではロシター選手が怪我で離脱していたため、怪我のマネジメントにも注意を払いたい。

宇都宮は昨季のチャンピオンシップ優勝チーム。

非常にディフェンスの固いチームであり、昨季ディフェンシブ・レーティングはリーグ1位だった。

課題は高齢化。チームの平均年齢31.5歳と高く、成熟さと高齢化どちらのさいの目が出るか。


中地区

1位:川崎

2位:SR渋谷

3位:三河

4位:信州

5位:横浜

6位:三遠

7位:富山

8位:新潟


中地区の本命は川崎、それを追うSR渋谷と三河

中地区の大本命は、川崎ブレイブサンダースだ。

昨季のMVPである藤井祐眞選手を筆頭に、帰化選手であるニック・ファジーカス選手や前田悟選手など実力者が多数在籍している。

その川崎を追うのが、SR渋谷とシーホース三河だ。

SR渋谷の強みは、何と言っても日本代表PGであるベンドラメ礼生選手が在籍している。

スコアリング能力、クラッチ力、リーダーシップともに優れるPGの存在は何よりも大きい。

懸念点は怪我から復帰をするライアン・ケリー選手の存在

昨季は椎間板ヘルニアでわずか1試合の出場にとどまったケリー選手。過去3シーズンでは79試合に出場。年平均26試合というのがライアン・ケリー選手の実情だ。

ケリー選手の怪我のマネジメントが上手くできれば、SR渋谷は上位にくるはずだ。

三河は、昨季の新人王である西田優大選手を筆頭に、角野亮伍選手やシェーファーアヴィ幸樹選手、中村太地選手など若くポテンシャルの高い選手が多いチームである。


西地区

1位:名古屋D

2位:琉球

3位:島根

4位:広島

5位:滋賀

6位:大阪

7位:FE名古屋

8位:京都


5年連続西地区優勝中の琉球を止めるチームは現れるのか

西地区の優勝を、私は名古屋ダイヤモンドドルフィンズだと踏んでいる。

PGの斎藤拓実選手を筆頭に、日本代表フォワードである須田侑太郎選手、張本天傑選手、中東泰斗選手など能力の高い日本人選手が多数そろえている。

また外国籍選手もフィリピン代表であるレイ・パークスジュニア選手、コティー・クラーク選手、スコット・エサトン選手など実力者。

非常に隙のないチームになっている。

その名古屋Dと双璧をなす存在が、現在5年連続西地区優勝を果たしている琉球ゴールデンキングスだ。

今オフはチームのフランチャイズプレーヤーであった並里成選手が退団。

ベスト5を獲得したドウェイン・エバンス選手も広島へ移籍するなど、戦力ダウン

今までドウェイン・エバンス選手がマッチアップしていたサイズ・フィジカル・アジリティともに優れた外国籍フォワードを誰が止めるのか。

そこが課題になりそうだ。

昨季の西地区2位であり、チーム史上初となるCSに出場した島根スサノオマジックだが、今季は順位がやや後退しそうだ。

今オフ、リーグ屈指のシューターである金丸晃輔選手が退団。

その穴は大きいと考えられる。

>> <<

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。