島根が琉球に勝利!琉球の連勝は20でストップ!

>> <<

島根が琉球に勝利!琉球の連勝は20でストップ!

RECAP

総力戦となった島根琉球Game1

試合終了後の両チームは非常に対照的だった。

勝ったチームの方が満身創痍。逆に負けたチームにまだ与力があるように外野から見えた。

勝った島根はこの試合ファールアウト2人、4ファールが2人

主力である金丸選手とトラビス選手を怪我で欠く中、総力戦で挑んでいた。

最終スコア87-76という点差に見合わず、緊迫した試合展開が繰り広げられた


キャリアハイとなる32得点をマークしたビュフォード選手

この日のMVPは、満場一致でペリン・ビュフォード選手だろう。

キャリアハイとなる32得点に加え、8リバウンド・5アシスト・3ブロックをマーク。

オフェンスでは、プレーメイカーやスコアラーとしての役割を、ディフェンスではドウェイン・エバンス選手をはじめ琉球のスコアラーを苦しめた。

トラビス選手・金丸選手不在の厳しい台所事情の中、ビュフォード選手の活躍なしでは勝利することは難しかっただろう。

オールラウンドの活躍でゲームを支配した正真正銘の”The GAME(支配者)”でしたな。


Photo Garary


新たなB1連勝記録となる20連勝をマークした琉球ゴールデンキングス



16得点をマークした並里成選手

ペリメーターからのプルアップシュートは脅威でしたな。



リーグ屈指の3ポイントシュートの名手である岸本隆一選手

この日は3得点のみと不調でしたが、明日は爆発するでしょう。



ビュフォード選手は、キャリアハイとなる32得点に加え、8リバウンド・5アシスト・3ブロックをマーク!

攻守にわたって、オールラウンドな活躍をみせ、チームを勝利に導いた。



琉球のエース、今村佳太選手



今季のベスト6thマン賞を争うペリン・ビュフォード選手(島根)とドウェイン・エバンス選手(琉球)のマッチアップ。

この日の試合はペリン・ビュフォード選手に軍配!



16得点・7リバウンド・5アシストをマークしたニック・ケイ選手。

リーグ屈指のポイントセンターでありながら、3ポイント成功率45.4%をマークするなどストレッチ5としても機能。

フィジカルも強く、ディフェンスではジャック・クーリー選手を抑え、リバウンダー、ディフェンダーとしても優秀。試合を見るたびに好きになる選手ですな。



戦術の遂行力が高さが光る阿部諒選手

ルーキーから島根に在籍している生え抜き選手ですが、本当にいい選手に成長しましたな。


西地区1位・2位同士の直接対決初戦は、島根が勝利!

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。