ペイサーズが再建へ。選手のコメントと12月15日からトレード解禁

>> <<

ペイサーズが再建へ。12月15日からトレード解禁

12月8日、”The Athletic”の記者であるシャムズ・キャラニア氏は自身のTwitterで、インディアナ・ペイサーズが再建へ動くと公表した。

トレード候補には、キャリス・レバート選手に加え、長年チームの中心選手として活躍しているドマンタス・サボニス選手や昨季のブロック王であるマイルズ・ターナー選手が含まれると言う。


ペイサーズは、今季ここまで11勝16敗(勝率.407)でイースタン・カンファレンス13位と苦しい戦いが続いている。

チーム随一のスコアラーであるTJ.ウォーレン選手は離脱しているものの、脂ののっている選手が揃っていてこの成績だと、フロント陣がこのチームでは優勝できないと思っても仕方がない。

12月9日、ニューヨーク・ニックスの試合後、トレードの噂に対しサボニス選手は以下のようにコメントしている。

「それは知っている。でもそれは大して問題ではない。俺達はプロのアスリートだ。試合に出場し、関係なく自分の仕事をするだけだ」


ターナー選手も同試合後、「個人的な話だが、このフランチャイズで勝ちたいと思っている」とコメントしている。

NBAのトレード解禁は12月15日から。ペイサーズがどのように動くのか注目が集まる。

関連記事

ペイサーズの新人、クリス・デュアルテ選手がすごい!!

2021年11月5日

インディアナ・ペイサーズ選手名鑑【2021-22】

2021年9月23日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。