千葉ジェッツを振り返る【2020-21シーズン】

>> <<

千葉ジェッツを振り返る【2020-21シーズン】

総評

43勝14敗(勝率.754) 東地区2位(全体2位)

2020-21シーズンにクラブ創設10年目を迎えた千葉ジェッツには、悲願の目標があった。

それがBリーグチャンピオンシップ優勝である。

過去に2度チャンピオンシップ決勝まで進んだものの、いずれも宿敵アルバルク東京に阻まれた。

チャンピオンシップ優勝を果たすため、昨オフ千葉は大幅な補強を敢行した。

まずリーグトップクラスのビッグマンであるセバスチャン・サイズ選手をSR渋谷から獲得。

また197cmのスウィングマンである佐藤卓磨選手とスラッシャーのシャノン・ショーター選手をチームに加え、リーグトップクラスの選手層を作ることに成功した。

リーグ戦こそリーグ1位の座を宇都宮に譲ったが、それでも43勝14敗(勝率.754)は強豪ひしめく東地区の中で2位と好成績をマークした。

チャンピオンシップでは順当に勝ち進み、決勝で宇都宮と対戦した。

第3戦までもつれた激闘の末、千葉が勝利。

千葉ジェッツは、クラブ創設10周年目で悲願のBリーグチャンピオンシップ初優勝を達成した。

チームスタッツ

千葉ジェッツのチームスタッツを見ていこう。

オフェンシブレーティングはリーグトップの112.7、ディフェンシブ・レーティングはリーグ4位の99.0と、オフェンス・ディフェンスの両面でリーグトップクラスだったことがここから見て取れる。

その他のスタッツを見ても、軒並みリーグ上位クラスの優秀なスタッツが並んでいる。

特に目に留まるのが、リーグ1位の平均40.8リバウンドだ。

昨季の千葉は、セバスチャン・サイズ選手を中心に、日本代表でもある帰化選手のギャビン・エドワーズ選手、経験豊富なビッグマンであるジョシュ・ダンカン選手とリーグ屈指のフロントコート陣を形成した。

ガード、ウィング、インサイドいずれのポジションも層が厚く、隙のないチームであり、2020-21シーズンを代表するチームと言えるだろう。


今オフの目標

・主力選手の引き留め

ピックアッププレイヤー

富樫勇樹選手 PG 27歳


富樫勇樹選手は、リーグを代表するPG

身長167cmと非常に小柄ながら、図抜けたハンドリング力とシュート力、パススキルを武器に、昨シーズンは日本人選手2位となる平均13.8得点・リーグ6位となる5.8アシストをマークした。

その活躍を受け、自身5年連続5回目となるシーズンベスト5にも選ばれている。


セバスチャン・サイズ選手 PF/C 26歳


セバスチャン・サイズ選手は、リーグトップクラスのビッグマン。

205cm106kgの屈強なフィジカルと豊富な運動量の選手であり、昨シーズンはチーム最多となる平均17.1得点・11.7リバウンドをマークした。

オフェンスではスコアラーの一人として、ディフェンスではリムプロテクターとしてチームに貢献できる2ウェイプレイヤーであり、チャンピオンシップではその活躍からチャンピオンシップMVPにも選ばれた。


原修太選手 SG/SF 27歳


原修太選手は、生え抜き選手としてチーム在籍6年目を終えたスウィングマン。

187cm96kgの筋骨隆々とした身体を活かした、リーグトップクラスの対人ディフェンス能力が魅力の選手である。

年々オフェンス面でも存在感を増しており、昨シーズンは自身キャリアハイとなる1試合平均6.3得点・1.9リバウンドをマーク。

3&Dとしてチーム貢献する主力選手の一人に成長した。

選手スタッツ

NameAgeGGSMPPTS3PM3PA3P%2PM2PA2P%FGMFGAFG%FTMFTAFT%ORBDRBTRBASTSTLBLKBSRTOVPFFD+/-
セバスチャン・サイズ2657572817.10.61.931.15.59.856.86.111.652.74.35.478.93.87.911.71.20.710.51.72.246.8
富樫勇樹27575725.813.82.46.438.22.35.244.74.811.641.11.92.282.80.31.31.55.60.80.10.221.62.36.4
ギャビン・エドワーズ32532625.912.80.61.542.34.1667.24.77.562.32.83.874.51.94.26.11.60.80.50.21.72.83.77.5
ジョシュ・ダンカン34562623.613.50.8239.13.96.559.24.68.554.53.54.479.81.95.27.11.50.50.30.41.42.54.26.7
シャノン・ショーター31542924.311.90.82.827.53.46.750.14.19.643.42.83.3850.83.94.73.60.90.10.31.31.536.6
原修太27572821.16.31.12.541.71.32.650.72.45.146.20.50.7690.31.21.51.90.40.10.30.81.80.93.5
佐藤卓磨25545317.74.40.61.736.70.91.6601.63.2480.60.8810.80.91.70.90.50.20.10.52.20.95.2
田口成浩304939.92.50.62.126.50.30.643.30.82.730.30.30.476.20.20.50.70.70.30.10.10.41.50.44.3
西村文男344710.13.30.71.739.70.61.1521.22.744.50.30.466.70.10.50.61.90.4000.61.40.93.3
コー・フリッピン24489.430.20.8250.91.947.81.12.741.40.6157.10.30.50.81.40.60.20.10.91.70.83.3
藤永佳昭284891.60.20.8250.30.651.60.51.536.60.30.461.90.20.40.51.60.4000.61.20.82
赤穂雷太2241692.90.21.220.80.81.458.61.12.641.50.50.859.40.40.610.30.30.10.10.21.20.61
大倉颯太21417.54.80.81.5500.81.842.91.53.246.211.2800.500.52.80.800.20.81.81.512.2
大宮宏正3642.81.80.20.833.30.50.866.70.81.5500000000000.20.20-0.2
ラシード・ファラーズ23130000100100001100100001

関連記事

Bリーグ歴代優勝チーム【2016-21】

2021年2月5日

Bリーグ歴代シーズンMVP【2016-21】

2021年1月29日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。