B1高身長ランキングトップ5【2020-21シーズン】

>> <<

B1高身長ランキングトップ5【2020-21シーズン】

2020-21シーズンのB1で最も身長が高い選手は誰なのか

今回はランキング形式でB1で身長が高いトップ5の選手を紹介します。

2021-22シーズンのB1高身長ランキングはこちら

B1高身長ランキングトップ5【2021-22】

2021年10月4日

1位:ベンジャミン・ローソン選手(京都) 216cm

ベンジャミン・ローソン選手

1位は京都ハンナリーズのベンジャミン・ローソン選手でした。

身長216cmはB1の中では、文字通り頭ひとつ抜けていますね。

平均ブロック数はそこまで多くないローソン選手ですが、ゴール下での存在感はやはり大きく、彼がいるだけで相手チームにリムアタックを躊躇させる効果があります。

2位:ギャレット・スタツ選手(大阪)213cm

ギャレット・スタツ選手

2位は大阪エヴェッサのギャレット・スタツ選手でした。

身長213cm以上の選手のことを7フッターと呼びますが、スタツ選手はちょうど7フッターの選手に当たります。

Bリーグ在籍4年目にして年々ゴール下での存在感が大きくなっており、相手チームにとって軽視できない存在になっています。

3位:ジェイソン・ウォッシュバーン選手(新潟)213cm

新潟アルビレックスBBのジェイソン・ウォッシュバーン選手もスタツ選手と同様7フッターの選手です。

Bリーグ在籍4シーズン目を迎えるウォッシュバーン選手ですが、今季一気に覚醒!

新天地の新潟ではここまで平均20得点以上をマークしています。(12月10日現在)

4位:アレックス・カーク選手(A東京) 211cm 他4名


4位は211cmで5選手います。

そのうちのひとりが、アルバルク東京のビッグマンであるアレックス・カーク選手です。

アレックス・カーク選手はNBA経験もある実力者

スクリーナーとしてはもちろん、3ポイントシュートを打てるなど多彩なスキルセットを持っているのが魅力のセンターです。

田中大貴選手・安藤誓哉選手・アレックス・カーク選手のビッグ3は強力ですね。


以下4位タイ(4選手)

ライアン・ケリー選手(SR渋谷)211cm

リチャード・ソロモン選手(富山)211cm

ウェイン・マーシャル選手(信州)211cm

シェーン・ウィティングトン選手(三河)211cm


9位以下はこちらの選手

9位:ニック・ファジーカス選手(川崎)210cm

9位タイ: キム・ティリー選手(琉球)210cm

11位:ジョシュ・スコット(宇都宮)209cm

今回はここまで!それではまた。

参考文献

Bリーグ公式サイト (2020年12月10日閲覧)

Basketballnavi.DB (2020年12月10日閲覧)

関連記事

B1全20チーム、最新戦力チェックまとめ【2020-21開幕前】

2020年8月21日

Bリーグ1試合最多得点記録【チーム編】

2020年12月6日

Bリーグ歴代新人王【2016-21】

2020年5月2日
>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。