Bリーグ、世代別選手ランキング

>> <<

Bリーグ、世代別選手ランキング

2003年代

1位:高橋快成(三遠ネオフェニックス)

19歳のスコアリングPG。


2001年代

2001年4月2日~2002年4月1日

1位:河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)


弱冠21歳にして、リーグを代表するPG。

身長172cmと小柄ながら、高いハンドリング技術とパススキル、シュートスキルを活かし、オフェンスをけん引する。

ディフェンスでは細かい足さばきで相手にプレッシャーをかけ、スティールを量産。

攻守両面で優れた2wayプレイヤー。


2位:モサク オルワダミロラ雄太ジョセフ(新潟アルビレックスBB)

191cmの大型ガード。

身体能力を活かしたプレーが魅力。

2000年代

2000年4月2日~2001年4月1日

1位:木村圭吾(新潟アルビレックスBB)


スコアリング、プレーメイク両方兼ねたコンボガード。

1999年代

1999年4月2日~2000年4月1日

1位:キング 開(横浜ビー・コルセアーズ)


185cmのサイズと高い身体能力をもつコンボガード。


2位:大倉颯太(千葉ジェッツ)


全中時代から世代を代表するコンボガード。

2021年に前十字靭帯断裂の大けがを負い、そこから復帰。

高いバスケIQとシュート力が魅力のスコアラーである。


3位:八村 阿蓮(群馬クレインサンダーズ)

4位:井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷)

5位:ヤン・ジェミン(宇都宮ブレックス)


Bリーグ版渡邊雄太

201cmのサイズが魅力のフォワードで、3ポイントシュートとディフェンスが優れた3&Dプレイヤー。


6位:野崎由之(富山グラウジーズ)

7位:佐土原遼(広島ドラゴンフライズ)

1998年代

1998年4月2日~1999年4月1日

1位:ケヴェ・アルマ(新潟アルビレックスBB)

2位:岡田侑大(信州ブレイブウォリアーズ)


2018-19シーズンの新人王。

高い得点能力を活かし、2021-22シーズンはキャリアハイとなる平均13.8得点をマーク。


3位:テーブス海(滋賀レイクス)


高いパスセンスが光る大型PG。

2021-22シーズンでは宇都宮で日本一を達成。2022-23シーズンからは滋賀に移籍し、自身がメインハンドラーとしてチームをけん引している。


4位:西田優大(シーホース三河)


2021-22シーズンの新人王。

攻守優れた2wayプレイヤーだが、プレーメイカーとしてはまだまだ課題が残る。


5位:ドワイト・ラモス(レバンガ北海道)


ドライト・ラモス選手は、フィリピン代表のSG。

193cmの恵まれたサイズと高い身体能力が魅力の選手であり、2021-22シーズンは平均10.0得点をマーク。


6位:吉井裕鷹(アルバルク東京)


日本代表にも選ばれている有望株。

196cm94kgと恵まれた体格を持ち、外国人フォワードとの対戦でもミスマッチにならない。

ドライブ、アウトサイドシュートも備え、プレーの多彩さも光る。


7位:小酒部 泰暉(アルバルク東京)

8位:杉本天昇(新潟アルビレックスBB)

9位:山口 颯斗(茨城ロボッツ)

10位:西野 曜(サンロッカーズ渋谷)

11位:アイザイア・マーフィー(広島ドラゴンフライズ)

12位:菅原暉(群馬クレインサンダーズ)

1997年代

1997年4月2日~1998年4月1日

1位:ジョン・ムーニー(千葉ジェッツ)


高いリバウンド能力を誇るビッグマン。

2021年にはオーストラリアNBLでAll-NBL1stチームにも選ばれている実力者


2位:寺嶋良(広島ドラゴンフライズ)


世代を代表するPGであり、リーグ随一のスピードスター

クラッチタイムに強く、チームを勝利に導く「ゲームクローザー」でもある。

2021-22シーズンはキャリアハイとなる平均12.6得点を記録。

苦手だった3ポイントシュートも克服した。


3位:ニック・メイヨ(広島ドラゴンフライズ)


2020年のリーグ得点王。

ポスト、ミドルレンジ、3ポイントと広いレンジで得点が取れるビッグマンである。


4位:シェーファーアヴィ幸樹(シーホース三河)

5位:前田玲緒(信州ブレイブウォリアーズ)

6位:細川一輝(三遠ネオフェニックス)


3ポイントとディフェンス力が優れた3&Dプレイヤー。


7位:松脇圭志(琉球ゴールデンキングス)

8位:納見悠仁(川崎ブレイブサンダース)

9位:中村太地(シーホース三河)

10位:久保田義章(京都ハンナリーズ)

11位:中村浩陸(ファイティングイーグルス名古屋)

1996年代

1996年4月2日~1997年4月1日

1位:今村佳太(琉球ゴールデンキングス)


高い身体能力とバスケIQを持つスウィングマン。

強豪琉球のエースとして、昨季は平均10.5得点をマーク。

ディフェンス能力も高く、攻守両面でチームに貢献できる2wayプレイヤー。


2位:サーディ・ラベナ(三遠ネオフェニックス)


抜群の身体能力を持つアスレチック系のウィング。

爆発力のある攻撃力が魅力だが、ムラがあるのが玉に瑕。


3位:津山尚大(島根スサノオマジック)

4位:前田悟(川崎ブレイブサンダース)

5位:コー・フリッピン(琉球ゴールデンキングス)

6位:熊谷航(信州ブレイブウォリアーズ)

7位:角野 亮伍(シーホース三河)

8位:佐々木 隆成(三遠ネオフェニックス)

1995年代

1995年4月2日~1996年4月1日

1位:斎藤拓実(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

2位:ヴィック・ロー(千葉ジェッツ)

3位:リード・トラビス(島根スサノオマジック)

4位:佐藤卓磨(千葉ジェッツ)

5位:長野誠史(シーホース三河)

6位:阿部諒(島根スサノオマジック)

7位:杉浦佑成(滋賀レイクス)

8位:青木 保憲(広島ドラゴンフライズ)

1994年代

1994年4月2日~1995年4月1日

1位:セバスチャン・サイズ(アルバルク東京)

2位:安藤周人(アルバルク東京)

3位:橋本拓哉(大阪エヴェッサ)

4位:鵤誠司(宇都宮ブレックス)

5位:中山拓哉(秋田ノーザンハピネッツ)

6位:関野剛平(サンロッカーズ渋谷)

7位:高橋耕陽(レバンガ北海道)

1993年代

1993年4月2日~1992年4月1日

1位:富樫勇樹(千葉ジェッツ)

2位:ペリン・ビュフォード(島根スサノオマジック)

3位:ジェロード・ユトフ(京都ハンナリーズ)

4位:ベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)

5位:ジョシュ・スコット(宇都宮ブレックス)

6位:原修太(千葉ジェッツ)

7位:ロスコ・アレン(新潟アルビレックスBB)

8位:田代直希(琉球ゴールデンキングス)

9位:橋本晃佑(シーホース三河)

10位:福澤晃平(茨城ロボッツ)

1992年代

1992年4月2日~1993年4月1日

1位:ショーン・ロング(レバンガ北海道)

2位:ディージェイ・ニュービル(大阪エヴェッサ)

3位:安藤誓哉(島根スサノオマジック)

4位:ジェームズ・マイケル・マカドゥ(サンロッカーズ渋谷)

5位:ニック・ケイ(島根スサノオマジック)

6位:レイ・パークス・ジュニア(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

7位:ザック・バランスキー(アルバルク東京)

8位:中東泰斗(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

9位:晴山ケビン(富山グラウジーズ)

1991年代

1991年4月2日~1992年4月1日

1位:ジャック・クーリー(琉球ゴールデンキングス)

2位:ドウェイン・エバンス(広島ドラゴンフライズ)

3位:ライアン・ケリー(サンロッカーズ渋谷)

4位:藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース)

5位:田中大貴(アルバルク東京)

6位:須田侑太郎(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

7位:張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

8位:森川正明(横浜ビー・コルセアーズ)

9位:白濱僚佑(島根スサノオマジック)

1990年代

1990年4月2日~1991年4月1日

1位:比江島慎(宇都宮ブレックス)

2位:岸本隆一(琉球ゴールデンキングス)

3位:ルーク・エヴァンス(ファイティングイーグルス名古屋)

4位:アキ・チェンバース(群馬クレインサンダーズ)

5位:狩野祐介(滋賀レイクス)

6位:鈴木達也(大阪エヴェッサ)

7位:川嶋勇人(秋田ノーザンハピネッツ)

1989年代

1989年4月2日~1990年4月1日

1位:ライアン・ロシター(アルバルク東京)

2位:辻直人(広島ドラゴンフライズ)

3位:並里成(群馬クレインサンダーズ)

4位:田口成浩(秋田ノーザンハピネッツ)

5位:遠藤祐亮(宇都宮ブレックス)

1988年代

1988年4月2日~1989年4月1日

1位:金丸晃輔(三遠ネオフェニックス)

2位:ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ)

3位:橋本竜馬(レバンガ北海道)

4位:篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)

5位:多嶋朝飛(茨城ロボッツ)

1987年代

1987年4月2日~1988年4月1日

1位:古川孝敏(秋田ノーザンハピネッツ)

2位:ウィリアムス・ニカ(島根スサノオマジック)

3位:小野龍猛(富山グラウジーズ)

1986年代

1位:西村文男(千葉ジェッツ)

1985年代

1位:ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)

2位:松井啓十郎(富山グラウジーズ)

1984年代

1位:竹内譲次(大阪エヴェッサ)

2位:竹内公輔(宇都宮ブレックス)

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。