Bリーグ新人王候補トップ5【2021-22開幕前】

>> <<

Bリーグ新人王候補トップ5【2021-22開幕前】

西田優大(シーホース三河)

所属チームシーホース三河
ポジションSG
生年月日1999年3月13日
身長/体重190cm/90kg
出身校東海大学


西田優大選手は、190cmのSG。

3ポイントシュートとディフェンス力が魅力な3&Dタイプの選手であり、昨年度日本代表A代表候補にも選ばれた実績を持っている。

昨シーズンは新潟アルビレックスBBでプレーし、28試合に出場。平均5.4得点・1.8リバウンド・1.5アシストをマークした。

今季からは名門シーホース三河へ移籍。金丸晃輔選手が抜けたSGのポジションの穴埋めが期待される。


山口颯斗(レバンガ北海道)

所属チームレバンガ北海道
ポジションSG/SF
生年月日1998年10月1日
身長/体重194cm/90kg
出身校筑波大学


山口颯斗選手は、194cmのスウィングマン。

山口選手は、内外問わず得点が狙えるオフェンス力が魅力の選手である。

筑波大学のエースとしてプレーした昨秋の関東1部では、3試合でリーグ6位となる平均13.5得点・6リバウンドをマークした。

昨季は特別指定選手としてレバンガ北海道でプレー。

27試合に出場し、平均8.6得点・3.5リバウンドをマークした。

野本大智(滋賀レイクスターズ)

所属チーム滋賀レイクスターズ
ポジションPG
生年月日1998年6月25日
身長/体重183cm/80kg
出身校筑波大学


野本大智選手は、ディフェンス力が魅力のPG

一般入試で筑波大学に入学したというインテリな面も持っている。

昨シーズンは特別指定選手として滋賀でプレーし、29試合に出場。

平均5.6得点・1.3リバウンドをマークし、チームに大きく貢献した。


渡邉飛勇(琉球ゴールデンキングス)

所属チーム琉球ゴールデンキングス
ポジションPF
生年月日1998年12月23日
身長/体重207cm/106kg
出身校カルフォルニア大学デービス校大学院


渡邉飛勇選手は、207cm106kgと恵まれた体格を持つビッグマン

昨シーズンは、カルフォルニア大学デービス校大学院で3試合プレーし、平均3得点・2リバウンドをマーク。

東京オリンピックでは、出場時間こそ少ないものの日本代表としてプレーした。

将来性のあるビッグマンであるのは間違いないが、オフェンスのムーブの少なさが課題であり、新人王レースという点では穴的存在か。

遠藤善(新潟アルビレックスBB)

所属チーム新潟アルビレックスBB
ポジションSG
生年月日1998年11月5日
身長/体重182cm/75kg
出身校日本体育大学


遠藤善選手は、182cmのSGだ。

昨季は大阪エヴェッサで特別指定選手としてプレーし、平均4.3得点をマーク。

今季から新潟アルビレックスBBへ移籍し、地元でルーキーシーズンを過ごすこととなる。

自らドリブルでギャップを作ってシュートを放つ「プルアップスリー」を得意としており、シューターとしてチームから重宝されそうだ。

関連記事

Bリーグ歴代新人王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ新外国籍選手まとめ【2021-22シーズン】

2021年6月27日

Bリーグ移籍マーケット【2021-22】

2021年5月11日
>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。