Bリーグ外国籍選手の登録数とオンザコートのルールの変遷

>> <<

Bリーグ外国籍選手の登録数とオンザコートのルールの変遷

この記事では、Bリーグにおける「外国籍選手の登録数とオンザコートのルールの変遷」についてまとめています。

Bリーグが発足してから6年目を迎えますが、これまでに外国籍選手の登録数とオンザコートのルールは3度変更しております。

2016-17

・外国籍選手(帰化選手を含む)のリーグ登録、試合エントリーは3名まで。

・B1の場合、1~4Qに出場できる外国籍選手(帰化選手を含まない)の合計数は6名以内

・帰化選手は6名の合計数に含まれないが、外国籍選手2名と同時に出場することはできない

・B2の場合、1Qと3Qは外国籍選手1名以内・帰化選手1名以内、2Qと4Qは外国籍選手と帰化選手合わせて2名以内。

B.LEAGUE 2018-19 SEASON 競技レギュレーション」より引用


2018-19

・外国籍選手(帰化選手を含まない)のリーグ登録は3名まで。帰化選手は外国籍選手とは別途で各クラブ1名まで。

・外国籍選手の試合エントリーは1試合2名まで。帰化選手は外国籍選手と別途で1名まで試合エントリーできる

・試合中同時にプレーできる外国籍選手数は、試合を通して2名以内とし、帰化選手は試合を通して外国籍選手2名と同時にプレーすることができる。

B.LEAGUE 2020-21 SEASONより適用の 外国籍選手の登録数とオンザコートルールの変更」より引用


2020-21

・2021-21シーズンから、アジア特別枠選手制度を導入

アジア特別枠の国枠

中国、チャイニーズ・タイペイ、インドネシア、フィリピン、韓国

・外国籍選手の試合エントリーは1試合2名から3名に変更

・帰化選手、アジア特別枠選手は外国人選手2名と同時に出場できる

B.LEAGUE 2020-21 SEASONより適用の 外国籍選手の登録数とオンザコートルールの変更」より引用

参考文献

Bリーグ公式サイト:2016-17B1・B2リーグ戦試合実施要項 (2021年2月4日閲覧)

B.LEAGUE 2018-19 SEASON 競技レギュレーション (2021年2月4日閲覧)

Bリーグ公式サイト「B.LEAGUE 2020-21シーズンより適用の競技レギュレーション決定のお知らせ」(2021年2月4日閲覧)

関連記事

営業収入とトップチーム人件費から見るB1とB2のリーグ格差

2020年12月18日

Bリーグ歴代得点王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ、1試合最多得点記録トップ5【歴代】

2020年5月28日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。