映画『天気の子』を見た感想

新海誠監督の新作『天気の子』を観てきました。

色々と言いたいことはあるんですけど、まず一言言わせてください。

本田翼、めちゃくちゃ演技力が上がってね???

この映画を通して、一番感動しました。主人公を見守る美人でちょい遊んでそうなお姉さん(夏美)を演じてたんですが、凄くはまり役でした!マジヤバい(笑)

ドラマGTOに出てた時は、本当に台本の棒読みで、美人なのに勿体ないなあと思っていたのですが、よくぞここまで成長しました!だからまずそれがまず伝えたかったです(笑)

 

新海誠の歴代作品と比べて

新海誠監督の代表作と言えば、何と言っても2016年に公開された『君の名は』ですよね。RADWIMPSの曲の良さ、アニメーションの映像美と相まって、新海誠の名を世に知らしめた作品です。ハッピーエンドで終わったところも良いですよね。

ただ『君の名は』以前からのファンの中には、あの作品を見たとき「新海誠がハッピーエンドの作品を作っとるやんけ!!!!」と驚いた人が少なからずいたのではないでしょうか。

というのも、『君の名は』以前の新海誠はバッドエンドの作品をよく作っていたからです。その代名詞が『秒速5センチメートル』でしょう。秒速5センチメートルとは、桜の花びらが舞い落ちるスピードのことを指しています。映画『秒速5センチメートル』は、花びらが舞い落ちるスピードのようにゆるやかにで男女がすれ違っていく様を描いています。えぐいですね(笑)体力がないときに見るとメンタルがやられますのでご注意してください。

また『雲のむこう、約束の場所』もなかなかの鬱になる作品です(笑)人身御供になるさまは今回の『天気の子』に通じるところがあるかもしれません。

ただ『天気の子』は女の子が人柱になるんですけど、主人公の男の子が連れ戻すので、そこは『雲のむこう、約束の場所』とは大きく異なる点ですね。やっぱりハッピーエンドの方が大衆受けすると思います。そこは『君の名は』の良さを引き継いだ点でしょう。

 

『天気の子』の感想

『天気の子』を観た感想なのですが、良かったですよ。『君の名は』の後によくここまでの作品を作れたなと素直に思います。ただ、主人公の男の子(森嶋帆高くん)にあまり感情移入できなかったなあ。

ピストルを発砲するんですよね。2回。それが生理的に受け付けなかったんすよね。家出はかわいいなって思うんすけど、発砲はシャレになっていないっていうアレです。ピストルをお守り代わりにもってたのも意味分からんなって思うんすよね。

あと、間奏でRADWIMPSの曲がちょくちょく流れるんですが、前作の『君の名は』よりRADの曲のPV感が強く出ている気がしました。間奏が流れるシーンがストーリーから浮いていて、ストーリーに集中できない~(笑)って思いながら見てました。

でも、クライマックスは鳥肌でした。この辺は流石で、RADの曲と合うんですよ。新海誠監督、ありがとうございます笑

新海誠監督は東京が大好きみたいで、作品の舞台が東京になることが多いんです。今回も例に漏れず舞台は東京です。ヒロインの女の子(天野陽菜)が住んでるところは、鶯谷~上野の間でしょうかね。ちょうど東北新幹線の高架がカーブして、山手線の崖が望めるところなんですよね。(間違えたらごめんなさい)

昨年まで池袋に住んでいたので、「あ、豊島区立スポーツセンターだ」とか「池袋のラブホ街がバックに映ってるうう~」みたいに一人ではしゃいでました。東京在住の人は、新海誠監督の作品でこういう楽しみ方できますよね(笑)

陽菜が空に行ったとき、もし帆高が駆けつけるのが遅かったら、陽菜はどうなっていたかとか気になりますねえ。魚みたいなやつの餌にされてたんでしょうか。

まあでも、恋愛してええええええって思いました(まる)ぼくも山手線の線路を全速力で走るほどの恋がしたいなって思いました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です