B1歴代ディフェンシブレーティングトップ10【Bリーグ】

>> <<

B1歴代ディフェンシブレーティングトップ10【Bリーグ】

この記事では、B1歴代ディフェンシブレーティングトップ10をまとめています。

それでは早速、見ていきましょう。

B1歴代ディフェンシブレーティングトップ10は以下のようになっています。


トップ10は、琉球、宇都宮(栃木)、千葉、A東京、SR渋谷の5チームで占められています。

1位は2017-18シーズンの琉球ゴールデンキングスで90.5。2位は2016-17シーズンの栃木ブレックスで90.9になっております。


ディフェンシブ・レーティングは年々上昇しているため、過去の記録を超すのは年々難しくなっていくことが予想されます。

琉球ゴールデンキングス(2017-18)

ディフェンシブ・レーティング:90.5

主な選手

アイラ・ブラウン、ハッサン・マーティン、岸本隆一、田代直希、古川孝敏、須田侑太郎


栃木ブレックス(2016-17)

ディフェンシブ・レーティング:90.9

主な選手

ライアン・ロシター、田臥勇太、古川孝敏、遠藤祐亮、竹内公輔、ジェフ・ギブス

この年、栃木ブレックスはBリーグ初代王者となる。


千葉ジェッツ(2018-19)

ディフェンシブ・レーティング:92.4

主な選手

マイケル・パーカー、ギャビン・エドワーズ、富樫勇樹、石井講祐、ジョシュ・ダンカン、アキ・チェンバース、田口成浩


千葉ジェッツ(2017-18)

ディフェンシブ・レーティング:93.9

主な選手

ギャビン・エドワーズ、小野龍猛、マイケル・パーカー、富樫勇樹、アキ・チェンバース、レオ・ライオンズ

この年、東地区1位で終了した千葉ジェッツ。

CS決勝では同地区2位のアルバルク東京と対戦し、敗戦。惜しくも準優勝で終了する。


宇都宮ブレックス(2020-21)

ディフェンシブ・レーティング:94.2

主な選手

ジョシュ・スコット、ライアン・ロシター、鵤誠司、遠藤祐亮、ジェフ・ギブス、L.J.ピーク


この年、レギュラーシーズンを東地区1位で終了した宇都宮。

CS決勝では千葉ジェッツに惜しくも敗れましたが、この年を代表するチームといえるでしょう。


アルバルク東京(2019-20)

ディフェンシブ・レーティング:94.4

主な選手

アレックス・カーク、田中大貴、安藤誓哉、竹内譲次、菊地祥平、須田侑太郎、ケビン・ジョーンズ、ザック・バランスキー


栃木ブレックス(2018-19)

ディフェンシブ・レーティング:94.5

主な選手

ライアン・ロシター、渡邉裕規、ジェフ・ギブス、鵤誠司、遠藤祐亮、竹内公輔


アルバルク東京(2018-19)

ディフェンシブ・レーティング:95.0

主な選手

アレックス・カーク、馬場雄大、安藤誓哉、田中大貴、竹内譲次、ザック・バランスキー

この年、アルバルク東京はチャンピオンシップ2連覇。


琉球ゴールデンキングス(2018-19)

ディフェンシブ・レーティング:95.1

主な選手

古川孝敏、ジェフ・エアーズ、並里成、岸本隆一、田代直希、アイラ・ブラウン、ジョシュ・スコット、ケビン・ジョーンズ


サンロッカーズ渋谷(2016-17)

ディフェンシブ・レーティング:95.3

主な選手

アイラ・ブラウン、広瀬健太、アールティ・グイン、満原優樹、アキ・チェンバース、ベンドラメ礼生、ロバート・サクレ

関連記事

B1歴代オフェンシブレーティングチーム、トップ10【Bリーグ】

2021年11月10日

Bリーグ歴代シーズンMVP【2016-21】

2021年1月29日

Bリーグ歴代優勝チーム【2016-21】

2021年2月5日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。