Houston Astorosの2017年ドラフト

J.B. Bukauskas 右/右 6’0″ 195lbs 1996年

1巡目全体15位で指名された右投げの投手。身長6`0″(183cm)と投手としては小柄なため、将来的にはローテションよりブルペンの方が向いているかもしれない。2014年MLBドラフトで、20巡目でダイアモンドバックスから指名を受けるが拒否。常時90マイル中盤(152km/h前後)のファストボールと80マイル中盤のスライダーが武器。また、大学時代にチェンジアップを習得した。コマンドは良い方ではない。

Joe Perez 右/右 6’3″ 210lbs 1999年

2巡目全体53番目で指名を受けた右打ち三塁手。92-97マイル(147-155.2km/h)のファストボールを投げる投手としての評価が高かった。しかし酷使による疲労で、トミージョン手術の必要があったため評価が下がった。打者としても5,6巡目での指名が予想されていた。構えの位置とトップの位置がほぼ同じで、テイクバックを取らないフォーム。割れも出来ており、体重移動が上手い。内からバットが出ているインサイドアウトスイングで、内捌きも上手い。バットコントロールに課題が残るか。


Corbin Martin 右/右 6’2″ 200lbs 1995年

2巡目全体56位で指名された右投げ投手。6’2″(189cm)から投げ下ろすフォーム。私自身、一番期待している投手。リリーフとして最速98マイル(156.8km/h)、平均95-96マイル(152~153km/h)のファストボールを投げる。カーブとスライダーで三振を奪える。制球難で、大学時代は主にリリーフとして回っていた。2017年 86IP ERA 3.35 BB/9 3.87 K/9 9.87

右投手11人
左投手6人
捕手5人
内野手11人
外野手9人
42人を指名、うち35人が大学生の選手。6/26現在、26人と契約が纏まっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です